挑戦と成長がつながっている理由

挑戦することで成長につながると言われていますが、挑戦しても必ず成功するとは限りません。むしろ失敗する方が確率から見ると多いものです。では何故失敗をしても成長すると言えるのでしょうか。その答えは、挑戦をすると言う行為そのものにあります。挑戦とは、何かしらの目標を立てて挑むことです。当然ですが、その目標を達成するためには何が必要かを考えなければ挑むことはできません。問題なのはその方法が正しいものであるかどうか、試してみなければ分からないと言うことです。そして実際に試してみて、成功するか失敗するかの結果を待つことになります。つまり、その結果は実際のところあまり問題ではなく、どう言った考えの上で行動をしたかと言うことが成長につながっているのです。

人は学習しなければ成長することができません。学習するためには自分の頭で考えて行動し、その結果を検証することが必要です。上手くいったのか失敗したのか、いずれにしても得るものがあります。失敗したならば原因を考えて、同じことをしなければ良いのです。そして成功したならば、目標に近付くための手段を1つ手に入れることになります。人は成功すれば嬉しいと思い、失敗すると時に落ち込みます。けれども本当に喜ぶべきは成長を実感する時であり、結果はあくまでもついてくるものと考えるべきです。そのように理解することができれば、恐れることなく挑戦することができますし、常に自分を成長させることができます。人生は挑戦あるのみ!

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ